トリマーとしての仕事|未来に生きたいなら宅建の通信講座は外せない

未来に生きたいなら宅建の通信講座は外せない

婦人

トリマーとしての仕事

動物

トリマーになるためには

トリマーは動物の美容師で、カット、シャンプー、リンス、カラー、ドライなど人間と同じ仕事の他に、耳掃除や爪の手入れ、ブラッシング、健康管理などを扱います。ペット美容室だけでなく働く場所によっては、動物病院なら診察や手術の補助や入院時の世話、ペットショップならグッズの販売や飼い主からの相談などの仕事も付加されます。トリマーになるためには、トリマー養成学校で知識や技術を学ぶか、ペット美容室で見習いから実地で学んでいく方法があります。養成学校では1〜2年をかけてトリミングやグルーミングの技術習得や動物看護や栄養管理の実習に必要な知識や技術、専門知識として動物の特徴を活かした美容学、動物の体の構造や働き、健康管理を含めた獣医学や飼養管理学、しつけ学などを学びます。

働きながらでも学べる

トリマーの資格は国家資格ではなく民間資格です。C級、B級、A級、教士、師範まで5つの段階をもつ公認トリマーや、警察犬や動物協会関係が公認しているトリマー資格があります。それらの資格を取得するには全国にあるそれぞれの公認のトリマーの養成機関に進学すると受験資格を得ることができます。協会に入会して独学で受験することもできますが、年数がかかります。養成学校に通うと年間の費用として50万円から100万円かかります。通学講座では土日だけのコースなどもあり、1年間の講座では150万円程度、3か月の講座なら40万円程度です。また通信教育では、10万円から30万円程度で受験資格取得できるものもあり、働きながら資格を取得するのに適しています。

Copyright© 2015 未来に生きたいなら宅建の通信講座は外せないAll Rights Reserved.